「アトピーやぜんそくなど、シックハウスの原因は新建材。有害物質だらけの家を建てているんです」

建材に含まれる接着剤などによるシックハウスを心配する方が増えています。国も、その使用に規制を設けるようになり、その基準をクリアしたものを「F☆☆☆☆(エフ・フォースター)」として認定しています。建材だけでなく家具などにも使われていますから、この表示を見たことがあるという方は多いと思います。

住宅展示場では、モデルハウスの営業マンが「当社はF☆☆☆☆の建材を使っています。国が認めたものですから、大丈夫ですよ」などと説明していますが、実際、この規制の対象となっているのは、多数存在するVOC(揮発性有機化合物)の中のホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類だけ。あとは何の規制もされていません。たとえば、規制された化合物の代わりに違う化合物が使われていたとしても、それを規制する法律もありません。このような規制で本当に大丈夫なのかは疑問です。
今の日本の住宅は高気密・高断熱工法で建てられています。家全体にビニールを張り巡らせ、気密性を高めているため、新建材から放出したVOCは室内に溜まってしまい逃げ場がありません。今の住宅業界は、有害物質だらけの家を建てているんです。その中で呼吸をしていたら、アトピーやぜんそくなど、シックハウスがなくなるとは考えにくいでしょう。

「珪藻土を使って健康住宅?劣化したらアスベストと同じなのに」

自然素材の家というと、室内の塗り壁に珪藻土を使っている場合が多いと思います。お客様は「自然素材だから体にいいんじゃないか」「調湿効果があるらしい」などと期待しているのでしょうが、実際は安いから業者が採用しているにすぎません。
珪藻土は単体では施工性が非常に悪く、それを塗りやすくするために大量の接着剤を含有しています。そのため、本来珪藻土に期待するはずの調湿性能などはほとんど得られないんです。
しかも、含有されている接着剤が年数とともに劣化すると、珪藻土は壁からはがれ、その粒子が空気中を浮遊するようになります。それを人が呼吸によって人体に取り込むと、肺がんの危険性が高まるのです。アスベストの健康被害を知っている方は多いと思いますが、珪藻土にも同様のことが起きるリスクがあることは、まだあまり知られていないのかもしれません。

「サイディングは劣化が早いしすぐに汚れる。地震にも弱い素材ですよ」

日本の住宅の8割以上が外壁に窯業系サイディングを使用していると思います。今から30年ほど前、この外壁材が登場したときは、私自身も夢のような材料だと思いました。
まず、材料費が安い、工期が早い、施工が簡単、そして仕上がりも美しいものだったのです。しかし、時間の経過とともに窯業系サイディングの問題点が見えてきました。まず、窯業系サイディングは水を吸収しやすいという点です。雨や夜露の侵入を防ぐためにペンキを施しても、ペンキの粒子は水の粒子よりも粗いので、効果は期待できません。そのため、水はサイディングの内部にまで浸透し、寿命を縮めます。また、ペンキはビニール系で静電気を帯びやすいため、ホコリを引き寄せ、汚れの大きな要因になるのです。
そして、サイディングのボード同士をつないでいるコーキングはゴム製のため、夏の暑さ、冬の寒さで伸び縮みを繰り返し、結果、劣化して亀裂や隙間が生じます。これも雨漏りの原因になるのです。
また、窯業系サイディングの材質は硬く、ボード1枚の重量はかなりのものです。表からはわかりませんが、これらのボード同士は、実はコーキングで連結されているだけなのです。そのため、地震の揺れを吸収できず、ひび割れたり、落ちて割れてしまったりするのです。湿気大国、そして地震大国の日本で、水に弱く、地震に弱い窯業系サイディングを使うのは、おかしなことだと思えるのですが、それで、国はこの素材を推奨しています。注文住宅を建てるというのに、わざわざ劣化しやすいものを使うのも不思議なことだと思います。

東日本大震災による
サイディングの被害
(福島県郡山市)

窯業系サイディングの重さで、一部が揺れで外れて落ちていました。また、材質が硬いため、建材自体にも割れが生じています。

サイディングをつないでいるコーキングが劣化してひび割れ、地震の揺れで裂けてしまった状態に。

「省エネ住宅って言いながら、エアコンがないと暮らせないのはおかしくない?」

日本だけにとどまらず、世界中で省エネが進められています。先進各国でもその技術はどんどん上がって目覚ましい発展を遂げていますよね。でも、日本の省エネに目を向けると、なにか根幹がずれているような感覚を覚えます。
本来、省エネは断熱と密接に関係しているものです。たとえば、ドイツでは外壁の断熱材の厚みは20〜50センチ、床下では1メートルほどもあるんです。この断熱によって冷暖房等の室内で消費されるエネルギーが抑えられ、省エネを実現しているわけです。一方、日本の住宅の断熱は、先進各国に比べると非常にお粗末なものです。それでも快適に暮らそうとすれば、エアコンなどの機械をフル稼働しなければならなくなります。つまり、日本の省エネ住宅は、家の断熱性能ではなく設備の省エネ性能に頼っているのです。

「ZEHは深刻ですよ。住み手を機械の“買い替え奴隷”にしてしまうのですから」

新築を検討している方なら、“ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)”という言葉を聞いたことがあると思います。高断熱仕様の家を建て、屋根には太陽光発電パネル、室内では蓄熱暖房機をはじめとする高性能な設備で省エネを図る。つまりエネルギーの自給自足を実現しようというものです。一見すると、快適に暮らしながら地球に優しく、ランニングコストも抑えられなど、いいこと尽くめに思えますが、住み手の立場から改めて考えてみると、本当に良い家なのかは非常に疑問です。
ZEHはさまざまな高効率、高性能な設備を使って快適性を実現しています。言い換えれば、 “機械がなければ暮らせない家”なのです。そして、機械はいつか必ず壊れます。一度、機械に頼る家を建てたら、その後はずっと機械を買い替え続けねばならなりません。言ってしまえば“買い替え奴隷”になるということですよ。国は“ZEH”を普及させるための支援事業に力を注いでいますが、結局のところ、機械の買い替え需要が増えて喜ぶのは誰なのでしょう。それは、ZEHが推奨する設備や資材を提供する大手メーカーということになるのではないでしょうか。

「日本には、名ばかりの健康住宅、エセ健康住宅が多すぎますよ」

インターネットで「健康住宅」を検索すると、本当にたくさんの業者が出てきます。しかし、そのほとんどが世の中的な健康ブームに便乗し、「健康」をセールストークに使っているにすぎません。私に言わせれば、「何を根拠に健康住宅と言っているのか」ですよ。
見えるところにだけ自然素材を使い、目につかない部分は合板を当たり前のように使うようでは「健康住宅」とは言えないでしょう。日本には、こうしたエセ健康住宅が多すぎます。
今、私が手がけているのは、ただの「健康住宅」ではなく「健康を増進する住宅」です。もちろん。そのために医師や大学教授、研究者の皆さんの協力を得て、さまざまなエビデンスを蓄積しています。このような根拠に基づいたある家こそ、「本物の健康住宅」じゃないでしょうか。

「長期優良住宅は、実は長期有料住宅。その道を選んだらずっとお金がかかるだけ」

国をあげて奨励する政策の中に、「長期優良住宅」というものがあります。新築を検討している方であれば、一度は耳にしたことがあるはずです。現在の日本の一般的な住宅の寿命は25年。それを海外の住宅並みに長持ちする家にしようと、耐震性や耐久性、省エネ性など、さまざまな認定条件を設け、税の優遇措置なども用意されているのですが、これが本当にメリットなのかは疑問です。
「長期優良住宅」を申請すると、点検の履歴義務というものが発生します。新築時に請け負った業者に定期的に点検をしてもらい、記録を残さなければならないのです。そして、この点検こそ、業者にとっては最大の営業のチャンスなんです。
「外壁が雨漏り寸前です。今なら数百万でリフォームできますが、このままにして骨組みまで雨が浸透したら数千万かかってしまうかもしれません」などと言われたら、住み手は不安になり、リフォームを考えることになるでしょう。しかも、途中で業者を替えると保証が切れると言われたら、他の業者に相談することもできません。つまり新築を請け負った業者は、どこまでもリフォームを受注し続けることができるのです。それも自分たちの言い値で。
「長期優良住宅」は、住み手にとっては建てた後もずっとお金のかかる「長期有料住宅」でしかないと思います。

長年、住宅業界を見続けてきた澤田氏だからこそ、語れる真実。
その全てを直接伝えたい。

出版記念セミナー
開催決定!

自宅の建て替えの際、10社以上のハウスメーカーをまわったのですが、納得できる答えが見つかりませんでした。そんな時、新聞で澤田先生のセミナーを知り、参加したのです。ズバズバと今の住宅の問題点を指摘する澤田先生のお話を聞き、建てるなら「0宣言の家」がいいと思いました。
「0宣言の家」で暮らし始めると、高齢の母の健康状態が建て替え前の時よりも良くなりました。もともと最高血圧が160以上もあったのに、入居から3カ月ほどで140台まで下がりました。また、狭心症のために毎年1回受けていた心臓カテーテル手術も必要がなくなったのです。

マイホームを建てようと決めたとき、私たち夫婦に共通していたのは、いろんな人が自然に出入りするような家がいいということ。この家で時間を過ごし、来た時よりも元気になって帰ってほしい。例えるなら、パワースポットのような家にしたいと思いました。書店で偶然手にした澤田先生の著書を読み、家内と一緒にセミナーに参加しました。そして、「この人のやっていることは間違いない」という確信を持ち、「0宣言の家」に決めたのです。
完成した「0宣言の家」は、イメージ通りとても快適な住み心地です。真夏でも午前中はクーラーなしで過ごせますし、冬はとても暖かです。湿度も1年中あまり変化がありません。暮らし始めて光熱費がかからないことにも驚きました。以前の家より証明の数が増えたにも関わらず、電気料金は半分以下になったのです。

また、この家に住んでから家内の肩こりがなくなったり、遊びに来た人の花粉症が止まったりということも経験しました。自然には、人間にわからない力がある。「0宣言の家」の中で過ごすことで癒される、治されることがあるのだと思います。

住医学研究会名誉顧問
澤田 升男
(さわだ ますお)

1993年、岐阜県生まれ。自信が開発したクアトロ断熱工法をはじめとする特殊な工法を基に真の健康住宅を推奨し、日本一の工務店ネットワークを構築、5,000社以上から支持され建築業界の風雲児と呼ばれる。現在は後進の支持に当たるほか、全国の医師からの相談により、クリニックの環境改善コンサルも行う。著書にはシリーズ累計30万部突破の“神様が宿る家”など多数。